2019年04月08日

山本晋也監督、渡辺俊雄元アナと古今東西の名作映画を語る

映画に見る社会⑨ 話題の映画から現代社会をウォッチング。今回は番外編。
written by 塩こーじ


●埼玉県草加に山本晋也監督来たる!

今回は番外編で、映画関連のイベントを紹介します。

埼玉県草加市の中央公民館ホールにて、映画監督の山本晋也氏と元NHKアナウンサーの渡辺俊雄さんが古今東西の名作映画をセレクトし、その魅力を語り合うトークショーが開かれました。

僕の地元から目と鼻の先なので、さっそく会場に足を運びました。場内はほぼ満席、おふたりの人気の高さがうかがえます。

今年80歳を迎えるという山本氏は1965年に監督デビュー、お弟子さんには『おくりびと』の滝田洋二郎監督、『パッチギ!』の井筒和幸監督らがいるそうです。僕個人としてはなんといってもテレビ朝日の深夜番組『トゥナイト』レギュラーの印象が強いですね。

いっぽう渡辺氏はNHK退局後はここ草加の市民大学で映画講座の講師などをつとめています。

映画について超ベテランの二人が選んだ作品は……

●『第三の男』と亡き弟の思い出

山本監督がまず選んだのはオーソン・ウェルズの『第三の男』。

この作品にはペニシリンが重要な小道具として登場します。

監督は戦中戦後の貧しい時代に弟さんを亡くし、そのときの医者の「ペニシリンがあれば助かったのに……」というひと言が忘れられず、ペニシリンが出てくるこの映画が印象に残っているのだそうです。

舞台に用意されたスクリーンには映画のワンシーンも流され、より映画の魅力が理解できました。

●娘から父に贈ったアカデミー賞

続いては1981年製作のアメリカ映画『黄昏』。現代にも通じる親子の確執をテーマにした作品で、ヘンリー・フォンダが老いた父親、キャサリン・ヘプバーンがその娘を演じました。

映画はヘンリーの実の娘、ジェーン・フォンダがプロデューサーをつとめ、この作品でヘンリーはアカデミー賞を受賞しました。二人のあいだにも映画さながらの確執がありましたが見事にそれを乗り越え、父親にアカデミー賞をプレゼントしたというエピソードが語り草になっています。


●市川崑『東京オリンピック』の撮影にも参加

1964年に開かれた東京五輪では市川崑監督の『東京オリンピック』という記録映画が撮影されました。助監督だった山本監督もスタッフとして参加、砲丸投げ選手の練習風景を撮影しました。市川崑監督には「とにかく選手のクセを撮るように」と指示を受けたそうです。

来年の東京五輪のドキュメンタリー製作には「あん」や「萌の朱雀」の河瀨直美監督が就任。山本監督も彼女に撮影についてこまかいアドバイスをおくっているそうです。

●『おくりびと』アカデミー受賞ウラ話。

山本監督の愛弟子、滝田洋二郎監督の『おくりびと』はアカデミー賞の栄冠を射止めました。

滝田監督はアメリカでの授賞式にも出席、山本監督は英語で受賞のあいさつをするよう勧め、滝田監督はアドバイスどおり、苦手な英語でスピーチを披露しました。

滝田監督はオスカー像を持って山本監督と渡辺氏の番組にも出演、山本監督もオスカー像を持たせてもらったが、とても重かったということです。

●名セリフの宝庫『男はつらいよ』シリーズ

最後は山本監督、渡辺氏がそれぞれ、『男はつらいよ』シリーズの作品からお気に入りのセリフを紹介。名作喜劇シリーズだけあって人情にあふれたセリフの宝庫です

会場のお客さんからも「寅さん映画の3作目、寅次郎のセリフのなかに草加の地名が出てきますよ
と声がとび、地元の人ならではの雑学に山本監督らも脱帽の様子でした。

●草加は山本監督と縁が深い?

草加と境を接する東京都足立区に西新井という町があります。草加と同じ私鉄で結ばれ、急行でひと駅の距離です。

山本監督は戦争中、この西新井に疎開していて、そこで終戦を迎えたとのこと。この近辺とは意外な縁があるようです。

「草加はせんべいが名物。最近は機械で焼くが、やはり醤油をかけて炭火で焼いたほうがおいしいね」と山本監督は最後にサービス精神あふれたコメントで締めくくり、会場から拍手が起きていました。

せんべいや旧街道の松並木など、名物も多い埼玉県草加。いつの日か山本監督にこの街を舞台にした映画を撮ってもらいたいものです。

--

かりるーむ株式会社(cariroom)
TEL090-8487-4851(鈴木)
TOP http://cari.jp/
空室一覧 http://cari.jp/room/
記事一覧 http://cari.blog.enjoy.jp/
検索ランキング http://hp1.boy.jp/counter/


  
Posted by cari.jp at 07:34

2019年04月08日

捨て猫、保護犬はちまたに溢れている。これ以上の販売は不必要

ホームセンターにあるショップで見た光景 悲惨な現状、生き物のたたき売り written
by スペクトル(CW)


■ショッピングモールやホームセンターでストレスに晒される動物達

先日、筆者は所要でホームセンターに買い物に行きました。その時、日用品を購入する合間にホームセンターの中にあるペットショップをちらりとのぞきました。

犬や猫が販売されている他にも小動物コーナーという部屋が用意されていて、いくつかケージが置いてありました。

その中にはウサギなどの他にも、珍しいリチャードソンジリスなども見られました。

このリチャードソンジリスは、ペットとしてとても人気のあったプレリードッグが2003年に新たに制定された法律で輸入禁止となり、それに伴いとても姿や習性が似ているということでショップに入荷されるようになった動物です。

つまりプレリーが輸入できなくなったから、じゃあ、とてもよく似ている姿の彼らを捕まえてきて代わりをさせればいいという非常に勝手な人間の思惑でこのジリス達は遠い国から連れてこられているということなのです。

それだけでもペットショップというものに倫理性はないような気がしますが、このホームセンターで見たジリスは、私が見た時には歯が大丈夫なんだろうかと思うぐらい激しくケージをかじっていました。

げっ歯類は本能的にかじるのが好きということもあるようですが、注意を引く、外に出たい、ストレスなどの理由からも自分の住むケージをかじることがあるそうです。

実際、このジリスがどんな気持ちでケージをかじっていたかは分かりませんが、リチャードソンジリスは本来、アメリカやカナダの広い草原に穴を掘って暮らす動物です。

このホームセンターで、このジリスが入っていたケージは十分な広さはなく運動も満足にできない状況でしたから、本来このような場所で暮らす動物がストレスを溜めるのは当然でしょう。

ゆえに私にはここから出して!お願い助けて!というように見えてしまいました。

また、別の日には大型のショッピングモールで子猫や子犬が販売されている光景を見かけましたが、この小さな動物達が放されているのはガラス張りの常に人間の視線にさらされる環境です。

いったい何時間ぐらい人に見られ続けているのかはっきりとは分かりませんが、もし自分がこのような状況になったら精神的におかしくなってしまうでしょう。
彼らは赤ん坊の時に親から離されただけでなく、たえず知らない人に見られ続けるというストレスに晒されているのです。

このようにホームセンターやショッピングモールなどの中にあるものも含め、ペットショップは、例え人間にそのつもりがないとしても、多大なストレスを動物達に与えていることが非常の多いのです。

また、2年ぐらい前の情報のようですが以下のような問題もあったようです。


■新潟のホームセンターで行われた「生命」のたたき売り

これは2016年~2017年の間にツイッターなどで拡散され、その問題性が指摘された、新潟のホームセンターのペットショップの問題です。

この新潟のホームセンターでは子猫、子犬を小さなダンボールに1匹ずつ積めてそれを山積みにし、セール品などと表示して売っていたのです。

いったいこの動物達は真っ暗な箱の中にどれぐらいの時間入れられて販売され続けていたのでしょうか。

通常の倫理観のある人ならとてもできる方法とは思えません。

この販売法はネットで問題視されそれが広がった結果、新潟市はペットの売り方に関する条例を改正したそうです。
しかし、この店舗は変わらず営業していますし、このような悲しい現状は他の地域でも起こっている可能性もあるでしょう。

参考サイト http://catfish777.com/change-petshop3/

■動物は身寄りのない個体から引き取ろう

確かにペットを扱うお店の全てが悪質とは言えず、もちろんきちんとした環境で動物達を飼育し、販売している所もあります。

しかし、現在の日本では捨てられたりして身寄りがなく、処分される運命にある動物が溢れています。

また、ネットが普及した現代では、里親募集も犬猫だけでなく、小動物に至るまで簡単に探すことが可能です。

このような点から考えるとたとえ悪意がないとしても、ペットショップにおいて新たな動物を販売するというのは賛同しかねます。

すでに助けを必要としている動物が溢れているのに新しい動物を輸入し、売る必要はないからです。

飼う側としてもペットを飼おうと思う時はショップではなく、里親や保護施設から引き取ることを一度は検討してみるべきではないでしょうか。

--

かりるーむ株式会社(cariroom)
TEL090-8487-4851(鈴木)
TOP http://cari.jp/
空室一覧 http://cari.jp/room/
記事一覧 http://cari.blog.enjoy.jp/
検索ランキング http://hp1.boy.jp/counter/


  
Posted by cari.jp at 00:51

2019年04月07日

生理前になるとイライラする・・・どうして!? cari.jp



生理前のイライラ なぜ生理前になるとイライラしてしまうのか written by 冬美(CW)


「なんだかイライラすると思ったらもう少しで生理予定日かぁ・・・」

「生理中はすぐイライラしてしまう! しかも眠いし・・・」

女性のみなさんは大変ですよね。
わたしの場合はだいたい生理10日前くらいになるとイライラしてきます。
そして生理中も出血量が多くて気持ち悪いし、生理痛もひどいうえにイライラもしたり・・・。

中には頭痛がきたりする方もいたりと、その方によって症状はいろいろなようですね・・・

では、どうして生理前はこのような症状があらわれるのでしょうか?
また、生理痛をやわらげる方法はあるのでしょうか?


生理前になるとイライラする原因

生理前になると、イライラしたり、心が不安定になったりと体調不良になることがあります。その原因として、PMS(月経前症候群)があげられます。
PMSと上手に付き合いながら、生理前でもゆううつを吹き飛ばしてしまいましょう!
女性ホルモンは年齢によって分泌量やリズムが大きく変わってきます。


年齢による女性ホルモンの変化

女性は約1ヶ月の生理周期の間にホルモンの分泌バランスが変わりますが、一生を通してもその分泌量やリズムは大きく変わっていきます。


思春期

思春期は、初潮が始まって生理が安定するまでの期間であり、8~18歳頃までの時期をいいます。
エストロゲンをつくる卵巣の働きが未熟なため、生理周期や期間がまだ不安定な時期で、子宮の発育も未熟なことから生理痛も起きやすいようです。


成熟期

成熟期は、生理周期が安定し、心と体がもっとも安定するといわれる19~44歳頃までの時期をいいます。
この時期に無理なダイエットや、仕事や家庭を完璧にこなそうと心や体に過度な負担をかけてしまうと、ホルモンバランスが崩れてしまい、更年期になってから体調不良の原因となることもあるので、注意が必要です。


更年期

更年期は、閉経をはさんだ前後10年間、45~55歳頃までの時期をいいます。
更年期に入ると、エストロゲンの量が減少することが原因で、ホットフラッシュ(のぼせ)・ほてり・発汗・イライラ・うつ症状といった症状(更年期障害)を引き起こすと考えられます。


生理痛をやわらげる方法

PMS(月経前症候群)は生理の1~2週間前に起こる体調不良で特にストレスの多い方、完璧主義、几帳面といった方がなりやすいようです。


自分にあったリラックス方法でストレスをやわらげる

落ち着いて自分を見つめ返し、ストレスがあるか確認してみましょう。
一人で抱え込んでしまっている場合は誰かに手伝ってもらう、イライラしている原因がわかる方は、話しを聞いてもらえる人に聞いてもらいましょう。
なかなか話すのが難しいという方はイライラを紙に書きだすといいでしょう。
音楽を聴いたり、一人カラオケもおすすめです!


十分な睡眠・栄養のある食事

きちんとした食生活や体内時計を規則正しくすることでPMSの症状がやわらぐ場合もあります。
疲れがたまっていたり、睡眠不足、かたよった食生活をおくっているという方は日常生活を見直してみましょう。
規則正しい生活とは、毎朝決まった時間に起きて、朝食をきちんととる、日中は元気に活動して、夜は23時には布団に入れるといいです。毎日繰り返すように身体を慣らしていくことで規則正しい生活が身に付くようになるでしょう。

仕事が忙しかったり、育児、家事が忙しかったりするとなかなか気持ちの切り替えも難しいですよね・・・。

わたしの場合は忙しくても慌てないで行動しようと心がけることでイライラが軽減されていることもあります。
自分なりのイライラのコンロトール術がたくさんあると思うので、趣味にもつながる楽しいイライラ解消法を見つけてみるのも心が軽くなっていいですよね!

--

かりるーむ株式会社(cariroom)
TEL090-8487-4851(鈴木)
TOP http://cari.jp/
空室一覧 http://cari.jp/room/
記事一覧 http://cari.blog.enjoy.jp/
検索ランキング http://hp1.boy.jp/counter/


  
Posted by cari.jp at 15:16

2019年04月07日

キリスト教の洗礼式ってどんな感じ? cari.jp

キリスト教の洗礼式はどのようにおこなうのか。 written
by 冬美(CW)

クリスチャンになるには洗礼式をおこなわなければなりません。
洗礼式とはなんでしょうか?

「どのような場所でおこなうの?」
「どのような恰好(格好)をするの?」
「教会に通ってどれくらいの時期におこなえばいいの?」

カトリックとプロテスタント、またはプロテスタントの中でも教派によって違いがあるかもしれませんが、わたしが通っているプロテスタントの教会での経験をおはなししたいと思います!

洗礼式はどこで行うの?
同じ教会に通っている方々のおはなしをきくと、夏ですと海や川などで行ったという方がいらっしゃいました。

わたしは真冬だったので、教会の温水で行いました(笑)。
礼拝の日におこなったので、教会の方々がそれまでに準備をしてくださいました。

教会の正面中央の床が開くようになっており、そこに階段があって半分までホースでお湯をはり、横にある倉庫で着替えられるように準備していただき、タオルもたくさん用意されておりました。

洗礼式はどのような恰好(格好)をするの?
川で洗礼式をおこなったという方は普段着、ジーンズにTシャツだったようですが、水着を着用する方が多いかもしれません。

わたしも水着を着て行いました。
そのうえから白い長いひざ下まであるTシャツを貸していただきました。
牧師さん2人も一緒に水に入って手伝ってくださるのですが、二人とも膝までの海水パンツにTシャツで、普段のイメージとだいぶ違ってみえてみんなで盛り上がっていました(笑)。

3つの質問をされたあと、イエス様とどのようにして出会えたのかというはなしをして、2人に支えられながら頭までドボンと水に浸かるのですが思っていたより勢いがよく鼻に水が入って数秒無言状態・・・(汗)

洗礼式はどのタイミングでおこなえばいいの?

洗礼式はどのタイミングでおこなえばいいのでしょうか・・・。
これは個人の問題でもありますが、キリスト教に詳しくてすぐにでもクリスチャンになりたい!
と、思われた方はいちはやく洗礼式をおこなってイエス様に祝福していただきましょう!

キリスト教のことがあまりよくわからなくて心配だからもう少し勉強してイエス様がすばらしいお方だと確信が持てないと不安だというかたはそれぞれ時期があると思うのであせることはないと思います。


洗礼式はすばらしいもので、今までの自分から新しい自分に生まれ変わりどんどんイエス様の祝福を受けて幸せになっていきます!

わたしも教会に通い始めて、洗礼式もおこない、毎日心が豊かになりました。
ぜひ、キリスト教に入って洗礼を受けてクリスチャンになりましょう!
イエス様はどんな方でも愛してくれて、受け入れてくださるお方です。

アーメン。

--

[鈴木社長のコメント]
私自身は不可知論者(人智を超えたことは人間にはわからないから特定の宗教などを信奉しない立場)で申し訳ないのですが・・(^^;。
宗教が皆の心の平穏と平和をもたらしてくれるのを祈っています。アーメン。

かりるーむ株式会社(cariroom)
TEL090-8487-4851(鈴木)
TOP http://cari.jp/
空室一覧 http://cari.jp/room/
記事一覧 http://cari.blog.enjoy.jp/
検索ランキング http://hp1.boy.jp/counter/


  
Posted by cari.jp at 10:32

2019年04月06日

お薦めしたい『妻のトリセツ』妻の本音を解説した妻の取扱説明書

あなたは、奥さんの事、女性の事をどれ程理解していますか

ちょっとした受け取り方の違いや、夫婦間の複雑な問題は

男女の脳の違いによるものだと本書は述べています。

確かに、以前から男女の脳には違いがあると言う本は出ていました。

が、ここまではっきりと書かれている「妻」への取扱説明書は

普段、夫が抱える、妻へのモヤモヤとした感情を解消してくれる事でしょう。

また、もしかすると離婚率も低下するかもしれません。

おおまかですが本章をまとめてみました。



『妻のトリセツ』 


著者 黒川 伊保子  

脳科学コメンテーター

発売 2018年10月



『妻のトリセツ』妻の不機嫌さと怒りの理由とは


女性脳は、妊娠、出産、育児(産後脳)が備わっている。

女性は過去の記憶を鮮明に覚えている。

女性は、ネガティブな記憶はすぐに蘇える。

ある日突然怒りだす。口をきかなくなる。理由などは特にありません。



『妻のトリセツ』理不尽な妻との上手な付き合い方とは


妻(女性脳)の仕組みを理解する。

妻の不機嫌さや怒りの理由を追求しない。

妻は夫にこまかな問題解決を求めていない。

妻は夫に共感だけを求めている。

育児中の妻へのアドバイスはしない。

便座の上げっぱなし、服の脱ぎっぱなし

電気の付けっ放し、~っぱなしを解決する。

妻への日々への気遣い、優しい声かけを忘れない。

メールやラインでの連絡をマメにする。

記念日を忘れない。(しかもさりげない贈りもの)

妻の心と裏腹な言葉を理解する。

夫婦のコミュニケーションを常に円滑にする。



まとめ


『妻のトリセツ』は発売後あっという間に28万部を突破しました。

そして、amazonのレビューを見てみると


男性読者からはこのように書かれていました。


・ もっと早くに読んでいたら夫婦間の隔たりが解決したのかもしれない。


・ もっと早くに読んでいたら離婚をしなかったかもしれない。


・ これから結婚する男性にぜひおすすめしたい。


多くの男性読者が共感し納得した一冊でした。


そして、何かと、女性(妻、彼女、パートナー)を怒らせてしまう人には


最適なハウツー本だと思います。


女性から見ても、よく書かれているな~と思えた一冊でした。


ぜひ、機会がありましたら男性の方々には読んで頂きたく思います。

--

男脳、女脳、男女は全く違う脳 この本を読むと妻の本質が見えてくるかも written
by tenten616(CW)

かりるーむ株式会社(cariroom)
TEL090-8487-4851(鈴木)
TOP http://cari.jp/
空室一覧 http://cari.jp/room/
記事一覧 http://cari.blog.enjoy.jp/
検索ランキング http://hp1.boy.jp/counter/


  
Posted by cari.jp at 05:18

2019年04月05日

お薦めしたい『妻のトリセツ』妻の本音を解説した妻の取扱説明書

あなたは、奥さんの事、女性の事をどれ程理解していますか

ちょっとした受け取り方の違いや、夫婦間の複雑な問題は

男女の脳の違いによるものだと本書は述べています。

確かに、以前から男女の脳には違いがあると言う本は出ていました。

が、ここまではっきりと書かれている「妻」への取扱説明書は

普段、夫が抱える、妻へのモヤモヤとした感情を解消してくれる事でしょう。

また、もしかすると離婚率も低下するかもしれません。

おおまかですが本章をまとめてみました。



『妻のトリセツ』 


著者 黒川 伊保子  

脳科学コメンテーター

発売 2018年10月



『妻のトリセツ』妻の不機嫌さと怒りの理由とは


女性脳は、妊娠、出産、育児(産後脳)が備わっている。

女性は過去の記憶を鮮明に覚えている。

女性は、ネガティブな記憶はすぐに蘇える。

ある日突然怒りだす。口をきかなくなる。理由などは特にありません。



『妻のトリセツ』理不尽な妻との上手な付き合い方とは


妻(女性脳)の仕組みを理解する。

妻の不機嫌さや怒りの理由を追求しない。

妻は夫にこまかな問題解決を求めていない。

妻は夫に共感だけを求めている。

育児中の妻へのアドバイスはしない。

便座の上げっぱなし、服の脱ぎっぱなし

電気の付けっ放し、~っぱなしを解決する。

妻への日々への気遣い、優しい声かけを忘れない。

メールやラインでの連絡をマメにする。

記念日を忘れない。(しかもさりげない贈りもの)

妻の心と裏腹な言葉を理解する。

夫婦のコミュニケーションを常に円滑にする。



まとめ


『妻のトリセツ』は発売後あっという間に28万部を突破しました。

そして、amazonのレビューを見てみると


男性読者からはこのように書かれていました。


・ もっと早くに読んでいたら夫婦間の隔たりが解決したのかもしれない。


・ もっと早くに読んでいたら離婚をしなかったかもしれない。


・ これから結婚する男性にぜひおすすめしたい。


多くの男性読者が共感し納得した一冊でした。


そして、何かと、女性(妻、彼女、パートナー)を怒らせてしまう人には


最適なハウツー本だと思います。


女性から見ても、よく書かれているな~と思えた一冊でした。


ぜひ、機会がありましたら男性の方々には読んで頂きたく思います。

--

男脳、女脳、男女は全く違う脳 この本を読むと妻の本質が見えてくるかも written
by tenten616(CW)

かりるーむ株式会社(cariroom)
TEL090-8487-4851(鈴木)
TOP http://cari.jp/
空室一覧 http://cari.jp/room/
記事一覧 http://cari.blog.enjoy.jp/
検索ランキング http://hp1.boy.jp/counter/
  
Posted by cari.jp at 16:15

2019年04月05日

2019年3月分 共同親権 単独親権 togetterまとめ

2019年3月31日分 共同親権 単独親権
http://togetter.com/li/1333663

2019年3月30日分 共同親権 単独親権
http://togetter.com/li/1333220

2019年3月29日分 共同親権 単独親権
http://togetter.com/li/1332882

2019年3月28日分 共同親権 単独親権
http://togetter.com/li/1332672

2019年3月27日分 共同親権 単独親権
http://togetter.com/li/1332646

2019年3月26日分 共同親権 単独親権
http://togetter.com/li/1332126

2019年3月25日分 共同親権 単独親権
http://togetter.com/li/1331819

2019年3月24日分 共同親権 単独親権
http://togetter.com/li/1331439

2019年3月23日分 共同親権 単独親権
http://togetter.com/li/1331248

2019年3月22日分 共同親権 単独親権
http://togetter.com/li/1330837

2019年3月21日分 共同親権 単独親権
http://togetter.com/li/1330507

2019年3月20日分 共同親権 単独親権
http://togetter.com/li/1330262

2019年3月19日分 共同親権 単独親権
http://togetter.com/li/1329925

2019年3月18日分 共同親権 単独親権
http://togetter.com/li/1329756

2019年3月17日分 共同親権 単独親権
http://togetter.com/li/1329323

2019年3月16日分 共同親権 単独親権
http://togetter.com/li/1329064

2019年3月15日分 共同親権 単独親権
http://togetter.com/li/1328728

2019年3月14日分 共同親権 単独親権
http://togetter.com/li/1328486

2019年3月13日分 共同親権 単独親権
http://togetter.com/li/1328207

2019年3月12日分 共同親権 単独親権
http://togetter.com/li/1327888

2019年3月11日分 共同親権 単独親権
http://togetter.com/li/1327575

2019年3月10日分 共同親権 単独親権
http://togetter.com/li/1327286

2019年3月9日分 共同親権 単独親権
http://togetter.com/li/1326945

2019年3月8日分 共同親権 単独親権
http://togetter.com/li/1326623

2019年3月7日分 共同親権 単独親権
http://togetter.com/li/1326286

2019年3月6日分 共同親権 単独親権
http://togetter.com/li/1326017

2019年3月5日分 共同親権 単独親権
http://togetter.com/li/1325712

2019年3月4日分 共同親権 単独親権
http://togetter.com/li/1325395

2019年3月3日分 共同親権 単独親権
http://togetter.com/li/1325121

2019年3月2日分 共同親権 単独親権
http://togetter.com/li/1324702

2019年3月1日分 共同親権 単独親権
http://togetter.com/li/1324415

別居親の児童虐待が怖くて同居親を独裁者にしたら本当はそっちが児童虐待者だったなんていうのが頻発するようでは現行単独親権制度ってどこまで悲惨で間抜けなんだと思わざるを得ない。

(別居)親の権利とか祖父母の権利なんて子供目線じゃないといいつつ同居親の監禁権を断固死守しようとする輩が跋扈してるのが単独親権伏魔殿。敬愛する同居親様を子供達が皆慕っており不満はないとみなす(反証許さず)という全体主義的地獄絵図。

子供が嫌がって他方親を望む場合の拘束は親権者と言えども監禁とし、子供の信任がない人の親権は実質上無力という形にして広く共同親権(双方親権)を認めるべきでしょう。暴行・傷害などはもちろん犯罪です。子供相手でも他人相手でも平等に規制すべきです。

子供が同居親との同居を望んでいないのであれば養育費は子供強制収容所への上納制度です。扶養はあくまで直接扶養が原則で養育費は子の両親間での自由・両親平等など人権が保障された状態で経済力や監護の偏りによる不公平が生じる場合に補助的に認められるものであるべきです。

親がどちらも虐待する場合は単独親権も認めるべきではないでしょう。虐待がましな方の親を選んで単独親権付与するのですか?。親の一方が虐待する場合は裁判所が親権をとりあげる方を間違えると子供は虐待親に独占されることになります。裁判所が適切な親を選別できる保障などありません。よく知らない某家庭のどっちかの親が虐待するとします。どっちでしょう?・・みたいな質問されて最適解など出せるのですか?。解の出し方は丁半博打の親戚です。裁判官も出せませんので権威主義的に決めつけて(同居母をほぼ機械的に勝たせて)外しまくって虐待を量産しています。どっちかわからない丁半博打では判断に困るからどっちかわかっている出来レース丁半博打を採用しているだけです。虐待を防ぐには虐待されている!
当の本人(子供)に逃げる自由を認めるしかなく、受け入れ可能な選択肢を増やして虐待しないところに逃げ込めるようにする必要がある。そのために共同親権(双方親権・両親親権)が必要でしょう。共同親権なんて最低限で本来他の近親者(祖父母等)のところにも逃げられるようにすべきでしょう。

かりるーむ株式会社(cariroom)
TEL090-8487-4851(鈴木)
TOP http://cari.jp/
空室一覧 http://cari.jp/room/
記事一覧 http://cari.blog.enjoy.jp/
検索ランキング http://hp1.boy.jp/counter/


  
Posted by cari.jp at 03:10

2019年04月04日

2019年3月分 鈴木社長の備忘・日記 cari.jp

加上説は富永仲基の説。

荻生徂徠は古文辞学を打ち立てた。

『大和本草』『養生訓』は貝原益軒の著書。

[2010年]ギリシャ財政危機。[2015年]再度のギリシャ財政危機。

人窮々な(1997)アジア通貨危機。人窮々や(1998)ロシア通貨危機。

朱熹の理気二元論:理は宇宙の根本原理・気は各事物の物質原理。

パウロは「信仰・希望・愛」(キリスト教の三元徳)による救済の道を説いた。

米教育学者ハヴィガーストと米発達心理学者エリクソンは発達課題でよく対比される。

朱子学では、気に妨げられた気質の性ではなく、理と一体の本然の性に従うべきとした。

パーソナリティ研究の米心理学者オルポートは、人間を自己を中心とする一つの全体的統一と考えた。

オルポートは、自分独自の人生哲学を獲得し、ユーモアの感覚をもつことを、成熟した人格になるための条件(基準)とした。

オルポートは、自分以外の人間や事物に対する関心を広げ、現実や自己を客観的にみることを、成熟した人格になるための条件(基準)とした。

ハヴィガーストによれば、職業決定や経済的独立の準備を進め、他者と洗練された人間関係を結ぶことが、青年期の課題(発達課題)に含まれる。

2019年3月単独親権(片親独裁)批判。Request for abolition of
kidnap and custody by Jap
http://twitter.com/i/moments/1101321948464766976

2019年3月分 動物保護・動物愛護(request for animal rights)
http://twitter.com/i/moments/1101321668612382721

31日(日)

保活(ほかつ)春からスタートさせたい!その理由
http://macaronchan.livedoor.blog/archives/17298012.html

30日(土)

朝食としてバナナを家で食べた後、コメダに行きモーニング。サラダはこぼれてしまうので平らな皿でなくボール状の食器などにして欲しい。喫煙者には申し訳ないけど禁煙だと尚よい。健康維持も含めて朝食をとりに行って受動喫煙って納得しづらい。

豚コレラ等感染症が発生するたびに動物を大量虐殺するのはやめるべき。不殺生や生命の尊重を大きな価値観として政治は運営されるべき。自由・平等等全部の価値観を両立できない場合があるにしろ国にしろ個人にしろ生命尊重をいつも行動を決める際の大きな価値基準の一つとして持つべき。

和菓子屋(?)に寄った後、母を獣医に連れていき、亡猫(ハナ)関連の医療器具の返却(処分のお願い?)に行く。近くのコンビニに行き、バナナを購入し、母親を拾った後、帰宅。

昼食として焼きもちと串団子。

29日(金)

中高年、非正規雇用の健康で文化的な最低限度の生活とは
http://macaronchan.livedoor.blog/archives/17235639.html

区役所と法務局に行くため自転車で外出したらうえぞの晋介(しんすけ)市会議員とばったり会って御挨拶と握手(選挙戦が始まった模様)。昨年、某会合と会食で御一緒してお話させて頂いて好感触を得ました。今回は応援させて頂きます。うえぞの議員の当選を祈っております。

28日(木)

近くのイオンモールでYさんとばったりお会いする。

や台やで夕食。Yさん、K.S.と一緒に。

27日(水)

家庭裁判所(家裁)で和解条項を定めて離婚となった。第三者機関での定期の交流に加えて子供が望むなら自由に会うことができることになった。
雄士・華・咲紀(ゆうとはなさき)が将来読むかもしれないから少し書いておきます。
親権自体は手放す和解条項になったので、特に大のパパっ子の雄士(ゆうと)には本当に申し訳なく思っています。
子供達が望むなら自由に会えるという条項を入れるには和解でまとめるしかなかったのです。

現在の日本では同居母が幼い子供の親権を持つという運用はまずひっくり返すことができず裁判官には判決になったら母親に親権を渡す旨を予め言われており、いわば脅されながらの交渉となりました。調停委員からは子供がその年齢なら親権は母親に決まっているだろうという旨も言われていました。子供が何を望んでいるかは関係なく冷酷に先例(同居母優先)に従い続けるのがこの国の政治権力です。この分野では日本は悲惨ですが、冷酷な先例主義自体はこの国が特殊というわけではありません。世の不条理を知ることはつらいことですが、これから自分が何をすべきかを考える指針になります。とりあえず、日本の現行単独親権制の不条理を実感した以上、この運用(制度)はライフワークの一つとして変えさせようと思ってい!
す。これに限らずいろいろな不条理を見つけてそれをなくしていく社会運動系のメディア事業を展開していくというのは政治に翻弄されずに主体的に生きていく上で有用な気がします。

雄士(ゆうと)程ではなかったけど同じくパパっ子だった華(はな)、3人のうちだと一番パパっ子度が低かった咲紀(さき)、雄士(ゆうと)と華(はな)が飛びついて来たので咲紀(さき)を抱っこできる頻度が少なくなり、自然と控えめに自分の番を待っていることが多くなってしまっていたね。でも、パパは両手で雄士(ゆうと)を華(はな)を抱えていつも咲紀(さき)ごめんねと思っていました。もちろん、咲紀(さき)もよく抱っこしていたよ。
パパは今までもそしてこれからも雄士(ゆうと)・華(はな)・咲紀(さき)がより自由により豊かにより幸せになるようがんばります。
雄士(ゆうと)・華(はな)・咲紀(さき)が来てくれるなら自由に会えるという約束(条項)になったのでよかったら来てね。

最近少し意識して(実益を兼ねて)いろいろな勉強しているのでパパの頭の劣化が進み過ぎないなら大学受験(かその少し前ぐらい)まで勉強を教えることができるかもしれません。できたら一緒に勉強しましょう。
勉強(教育)が人生を通して自分を助けてくれますし、きっと人生を充実させてくれると思います。
パパは理数系が昔から得意な方で数学なら大学受験までまあまあ好成績(センター数学模試は満点の常連)、理科も多分物理系の適性があって中学ではトップのことも多かったと思います。結局大学受験は文系学科を選択したので高校物理はほぼやりませんでしたがとりあえず勉強しときます。
社会もまあまあで、中学は公立中学ながら学力高めの生徒が集まっていましたが10位以内ぐらいだったと思います。大学受験は世界史を選択しておりセンター試験(多くの大学受験生にとっての全国共通試験)は9割以上はとれました。覚えて整理するだけなら割と得意だったという感じです。考えたくないときの勉強に社会は最適という感じもします。
一方、大学は文系なのに文系科目は大の苦手で英語は凡庸、国語は常に足を引っ張る存在でした。英語は高校(一応県の最難関校の一つ)の語彙力コンクールで努力賞的なものもとったので英単語はそこそこ覚えていたのですが、文系科目(語学)の素養が低いのか伸び悩みました。
(論文含めて)国語は模範解答見てもピンとこないし、再現する自信もない感じで、ずっと悩みの種で今に至ります。こういうところはパパに似ないように祈っています。
パパは東北大学という割といいと言われている大学に行きましたが、雄士(ゆうと)・華(はな)・咲紀(さき)はパパなんぞ抜かしてどんどん上を目指してくれればと思います。ただ、勉強を必死にやる必要はないと思います。無理のない範囲で程々にやって、もうちょっと上を目指そうという感じのゲーム感覚でやっていくのがいいと思います。うまくツボにはまれば楽しみながら必死にやる以上の効果をあげることができ、大抵の大学に入れる気がします。難関大学に入って燃え尽きる(勉強嫌いになる)より、大学受験の後も一生の娯楽の一つとして習慣づける方が大事なことだとパパは思います。雄士(ゆうと)・華(はな)・咲紀(さき)が学ぶことを好きになってくれることを祈っています(それに協力できればすごくうれしいです)。

25日(月)

おすすめしたい本『妻のトリセツ』妻の本音を解説した妻の取扱説明書
http://macaronchan.livedoor.blog/archives/17162868.html

24日(日)

親がはまる子ども番組、これって子育てあるあるでしょうか
http://macaronchan.livedoor.blog/archives/17122633.html

子供連れ出し推奨派に対してはその日の世話をする人の代りがいるかというその日の問題のために人生の数分の一で且つ一度しかない未成年時代を決められてしまう子供のことを考えろとしか思えない。そもそも引越業者頼めるなら育児代行業者だって頼めるのでは?。何よりその後に子供本人の逃げる自由を認めるべき。(母系)単独親権派は大抵母親が子供を連れて出ることは認めるけど、子供本人が母親から逃げることは認めない。

23日(土)

足が痛い、足の裏痛いは!心筋梗塞、脳梗塞の予兆?!
http://macaronchan.livedoor.blog/archives/17092304.html

19日(火)

自分の為、家族の為、予防医療と向き合い健やかな毎日を送りたい!
http://macaronchan.livedoor.blog/archives/16974548.html

16日(土)

映画 2019年 春 バリエーションに富むラインアップ
http://macaronchan.livedoor.blog/archives/16848108.html

ごはんが進むもう一品!そして激うまお味噌汁
http://macaronchan.livedoor.blog/archives/16747183.html

12日(火)

共同親権導入訴え国連でイベント 名古屋市のNGOなど
http://this.kiji.is/478018924686525537
http://www.topics.or.jp/articles/-/173894
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2019031201001432.html

3日(日)

夜、Yさん御来訪。先月上旬(の夕方)に子供たち(ゆうとはなさき)に会ったときの様子の話になった。はなさきが膝にのってきてくれたり、おんぶするようせがんできてくれたので、おんぶ状態で部屋を少しまわった話。一般にボールを飛ばす玉入れ遊びなどもするけど、ゆうとが人生ゲームや将棋などの少し大人びた遊びに興味を示すようになった話などをする。あと、はなさきのスマホへの興味が高まった模様。

1日(金)

夜、横になりつつ、ちょっと意地悪そうな(男の子っぽい悪乗り)笑顔で、「ゆうとがこの芸人のネタ(げんこつ山)の真似していたな」と思った<げげんげんげん・・って。
http://www.youtube.com/watch?v=3Fpf4jt8O8g

かりるーむ株式会社(cariroom)
TEL090-8487-4851(鈴木)
TOP http://cari.jp/
空室一覧 http://cari.jp/room/
記事一覧 http://cari.blog.enjoy.jp/
検索ランキング http://hp1.boy.jp/counter/


  
Posted by cari.jp at 22:10

2019年04月04日

2019年3月投稿分 広報・プレスリリース情報(記事等)

同一タイトル下の複数リンク先は基本的に同じ内容になっています。

親がはまる子ども番組、これって子育てあるあるでしょうか。
http://k0709.jugem.jp/?eid=2345
http://blog.kuruten.jp/k09/424899
http://yaplog.jp/k1301/archive/760
http://kblog.tuna.be/22154245.html
http://k130124.exblog.jp/30515817/
http://fanblogs.jp/k10/archive/1562/0
http://kblog10.jimab.net/e1315204.html
http://cari777.hamazo.tv/e8403047.html
http://red.ap.teacup.com/k0905/830.html
http://cari777.muragon.com/entry/74.html
http://hp-i.sblo.jp/article/185787956.html
http://kblog.mediacat-blog.jp/e133946.html
http://k0905.blog.so-net.ne.jp/2019-03-30-1
http://0cari.blog.fc2.com/blog-entry-832.html
http://ameblo.jp/x3tn/entry-12450674322.html
http://photozou.jp/photo/show/3138187/260833055
http://k070802.seesaa.net/article/464891229.html
http://cari.blog.enjoy.jp/b/2019/03/post-5b0f.html
http://k1504.blog.bbiq.jp/k/2019/03/post-5b0f.html
http://blog.crooz.jp/carirooms/ShowArticle/?no=349
http://cari777.point-b.jp/b/comment.php?ano=295670
http://cari.hatenablog.com/entry/2019/03/30/165540
http://k1404.blogspot.com/2019/03/blog-post_30.html
http://cari777.at.webry.info/201903/article_20.html
http://shinshu.fm/MHz/86.74/archives/0000572528.html
http://g-square.sakura.ne.jp/cari_blog/items/detail/449
http://blog.livedoor.jp/ken060819/archives/52129557.html
http://k070802.cocolog-nifty.com/blog/2019/04/post-99d0.html
http://blog.goo.ne.jp/k090503/e/22cc3274fddb7e65a4332be5338b3059

足が痛い、足の裏痛いは!心筋梗塞、脳梗塞の予兆?!
http://k0709.jugem.jp/?eid=2344
http://blog.kuruten.jp/k09/424796
http://yaplog.jp/k1301/archive/759
http://kblog.tuna.be/22153062.html
http://k130124.exblog.jp/30511704/
http://fanblogs.jp/k10/archive/1561/0
http://kblog10.jimab.net/e1315133.html
http://cari777.hamazo.tv/e8398462.html
http://cari777.ti-da.net/e11013881.html
http://red.ap.teacup.com/k0905/829.html
http://cari777.muragon.com/entry/73.html
http://hp-i.sblo.jp/article/185776612.html
http://kblog.mediacat-blog.jp/e133913.html
http://k0905.blog.so-net.ne.jp/2019-03-28-1
http://0cari.blog.fc2.com/blog-entry-829.html
http://ameblo.jp/x3tn/entry-12450112315.html
http://photozou.jp/photo/show/3138187/260807599
http://k070802.seesaa.net/article/464851649.html
http://cari.blog.enjoy.jp/b/2019/03/post-0704.html
http://k1504.blog.bbiq.jp/k/2019/03/post-0704.html
http://blog.crooz.jp/carirooms/ShowArticle/?no=348
http://cari777.point-b.jp/b/comment.php?ano=295584
http://cari.hatenablog.com/entry/2019/03/28/062545
http://k1404.blogspot.com/2019/03/blog-post_49.html
http://cari777.at.webry.info/201903/article_19.html
http://shinshu.fm/MHz/86.74/archives/0000572442.html
http://g-square.sakura.ne.jp/cari_blog/items/detail/448
http://blog.livedoor.jp/ken060819/archives/52129334.html
http://k070802.cocolog-nifty.com/blog/2019/03/post-99c2.html
http://blog.goo.ne.jp/k090503/e/199ee266d0cf498901fcf0fea4cba130

中国は空前の猫ブーム、その影で残酷な仕打ちを受け犠牲になる命
http://k0709.jugem.jp/?eid=2343
http://blog.kuruten.jp/k09/424579
http://yaplog.jp/k1301/archive/758
http://kblog.tuna.be/22151250.html
http://k130124.exblog.jp/30483984/
http://fanblogs.jp/k10/archive/1560/0
http://kblog10.jimab.net/e1314990.html
http://cari777.hamazo.tv/e8395094.html
http://cari777.ti-da.net/e11007833.html
http://red.ap.teacup.com/k0905/828.html
http://cari777.muragon.com/entry/72.html
http://hp-i.sblo.jp/article/185754739.html
http://kblog.mediacat-blog.jp/e133854.html
http://k0905.blog.so-net.ne.jp/2019-03-23-2
http://0cari.blog.fc2.com/blog-entry-823.html
http://ameblo.jp/x3tn/entry-12449087719.html
http://photozou.jp/photo/show/3138187/260738315
http://k070802.seesaa.net/article/464773152.html
http://cari.blog.enjoy.jp/b/2019/03/post-e093.html
http://k1504.blog.bbiq.jp/k/2019/03/post-e093.html
http://blog.crooz.jp/carirooms/ShowArticle/?no=347
http://cari777.point-b.jp/b/comment.php?ano=295407
http://cari.hatenablog.com/entry/2019/03/23/173841
http://k1404.blogspot.com/2019/03/blog-post_28.html
http://cari777.at.webry.info/201903/article_18.html
http://shinshu.fm/MHz/86.74/archives/0000572223.html
http://g-square.sakura.ne.jp/cari_blog/items/detail/447
http://blog.livedoor.jp/ken060819/archives/52129165.html
http://k070802.cocolog-nifty.com/blog/2019/03/post-cab5.html
http://blog.goo.ne.jp/k090503/e/ea68e9a7c15487091e39b11fe3ac74e2

ペットはその人の家族、まだあまり知られていない動物の連れ去り
http://k0709.jugem.jp/?eid=2342
http://blog.kuruten.jp/k09/424568
http://yaplog.jp/k1301/archive/757
http://kblog.tuna.be/22151082.html
http://k130124.exblog.jp/30483539/
http://fanblogs.jp/k10/archive/1559/0
http://kblog10.jimab.net/e1314986.html
http://cari777.hamazo.tv/e8391078.html
http://cari777.ti-da.net/e11007448.html
http://red.ap.teacup.com/k0905/827.html
http://hp-i.sblo.jp/article/185753594.html
http://kblog.mediacat-blog.jp/e133851.html
http://k0905.blog.so-net.ne.jp/2019-03-23-1
http://0cari.blog.fc2.com/blog-entry-822.html
http://ameblo.jp/x3tn/entry-12449027827.html
http://photozou.jp/photo/show/3138187/260733345
http://k070802.seesaa.net/article/464769861.html
http://cari.blog.enjoy.jp/b/2019/03/post-e093.html
http://k1504.blog.bbiq.jp/k/2019/03/post-e093.html
http://blog.crooz.jp/carirooms/ShowArticle/?no=346
http://cari777.point-b.jp/b/comment.php?ano=295396
http://cari.hatenablog.com/entry/2019/03/23/122113
http://k1404.blogspot.com/2019/03/blog-post_23.html
http://cari777.at.webry.info/201903/article_17.html
http://shinshu.fm/MHz/86.74/archives/0000572205.html
http://g-square.sakura.ne.jp/cari_blog/items/detail/446
http://blog.livedoor.jp/ken060819/archives/52128988.html
http://blog.goo.ne.jp/k090503/e/b1a3bab705be25c95f5003908ac803d3

自分の為、家族の為、予防医療と向き合い健やかな毎日を送りたい
http://k0709.jugem.jp/?eid=2341
http://blog.kuruten.jp/k09/424547
http://yaplog.jp/k1301/archive/756
http://kblog.tuna.be/22150775.html
http://k130124.exblog.jp/30482305/
http://fanblogs.jp/k10/archive/1558/0
http://kblog10.jimab.net/e1314964.html
http://cari777.hamazo.tv/e8390754.html
http://cari777.ti-da.net/e11006585.html
http://red.ap.teacup.com/k0905/826.html
http://cari777.muragon.com/entry/71.html
http://hp-i.sblo.jp/article/185750199.html
http://kblog.mediacat-blog.jp/e133844.html
http://k0905.blog.so-net.ne.jp/2019-03-22-1
http://0cari.blog.fc2.com/blog-entry-820.html
http://ameblo.jp/x3tn/entry-12448861282.html
http://photozou.jp/photo/show/3138187/260720891
http://k070802.seesaa.net/article/464758928.html
http://cari.blog.enjoy.jp/b/2019/03/post-afb7.html
http://k1504.blog.bbiq.jp/k/2019/03/post-afb7.html
http://blog.crooz.jp/carirooms/ShowArticle/?no=345
http://cari777.point-b.jp/b/comment.php?ano=295378
http://cari.hatenablog.com/entry/2019/03/22/183633
http://k1404.blogspot.com/2019/03/blog-post_22.html
http://cari777.at.webry.info/201903/article_16.html
http://shinshu.fm/MHz/86.74/archives/0000572184.html
http://g-square.sakura.ne.jp/cari_blog/items/detail/445
http://blog.livedoor.jp/ken060819/archives/52128979.html
http://blog.goo.ne.jp/k090503/e/f1f31c4f6cdaee5198e31b5f22332226

2018/12/09 猫ハナ(はな)写真 KIMG0254
http://k0709.jugem.jp/?eid=2340
http://blog.kuruten.jp/k09/424360
http://yaplog.jp/k1301/archive/755
http://kblog.tuna.be/22148495.html
http://k130124.exblog.jp/30474835/
http://fanblogs.jp/k10/archive/1557/0
http://kblog10.jimab.net/e1314811.html
http://cari777.ti-da.net/e11000144.html
http://red.ap.teacup.com/k0905/825.html
http://hp-i.sblo.jp/article/185729413.html
http://kblog.mediacat-blog.jp/e133779.html
http://k0905.blog.so-net.ne.jp/2019-03-18-2
http://0cari.blog.fc2.com/blog-entry-815.html
http://ameblo.jp/x3tn/entry-12447781812.html
http://photozou.jp/photo/show/3138187/260657757
http://k070802.seesaa.net/article/464675585.html
http://blog.crooz.jp/carirooms/ShowArticle/?no=344
http://cari777.point-b.jp/b/comment.php?ano=295192
http://cari.hatenablog.com/entry/2019/03/18/115352
http://cari777.at.webry.info/201903/article_15.html
http://shinshu.fm/MHz/86.74/archives/0000571939.html
http://g-square.sakura.ne.jp/cari_blog/items/detail/444
http://cari.blog.enjoy.jp/b/2019/03/20181209kimg025-8419.html
http://k1504.blog.bbiq.jp/k/2019/03/20181209kimg025-8419.html
http://blog.goo.ne.jp/k090503/e/ae7a734fcfbe78286a379855fa3b1c4c
http://k070802.cocolog-nifty.com/blog/2019/03/20181209kimg025.html

映画 2019年 春 バリエーションに富むラインアップ
http://k0709.jugem.jp/?eid=2339
http://blog.kuruten.jp/k09/424358
http://yaplog.jp/k1301/archive/754
http://kblog.tuna.be/22148481.html
http://k130124.exblog.jp/30474792/
http://fanblogs.jp/k10/archive/1556/0
http://kblog10.jimab.net/e1314809.html
http://cari777.hamazo.tv/e8389650.html
http://cari777.ti-da.net/e11000081.html
http://red.ap.teacup.com/k0905/824.html
http://hp-i.sblo.jp/article/185729308.html
http://kblog.mediacat-blog.jp/e133778.html
http://k1404.blogspot.com/2019/03/2019.html
http://k0905.blog.so-net.ne.jp/2019-03-18-1
http://0cari.blog.fc2.com/blog-entry-814.html
http://ameblo.jp/x3tn/entry-12447773408.html
http://photozou.jp/photo/show/3138187/260657491
http://k070802.seesaa.net/article/464675233.html
http://cari.blog.enjoy.jp/b/2019/03/2019-dbaa.html
http://k1504.blog.bbiq.jp/k/2019/03/2019-dbaa.html
http://blog.crooz.jp/carirooms/ShowArticle/?no=343
http://cari777.point-b.jp/b/comment.php?ano=295189
http://cari.hatenablog.com/entry/2019/03/18/111640
http://cari777.at.webry.info/201903/article_14.html
http://shinshu.fm/MHz/86.74/archives/0000571930.html
http://g-square.sakura.ne.jp/cari_blog/items/detail/443
http://blog.livedoor.jp/ken060819/archives/52128924.html
http://k070802.cocolog-nifty.com/blog/2019/03/2019-dbaa.html
http://blog.goo.ne.jp/k090503/e/c72c1ec0c672b5daa3ea7b1411ae48c0

ごはんが進むもう一品!そして激うまお味噌汁
http://k0709.jugem.jp/?eid=2338
http://blog.kuruten.jp/k09/424301
http://yaplog.jp/k1301/archive/753
http://kblog.tuna.be/22148118.html
http://k130124.exblog.jp/30473422/
http://fanblogs.jp/k10/archive/1555/0
http://kblog10.jimab.net/e1314785.html
http://cari777.hamazo.tv/e8385115.html
http://cari777.ti-da.net/e10999064.html
http://red.ap.teacup.com/k0905/823.html
http://cari777.muragon.com/entry/69.html
http://hp-i.sblo.jp/article/185725714.html
http://kblog.mediacat-blog.jp/e133765.html
http://k0905.blog.so-net.ne.jp/2019-03-17-1
http://0cari.blog.fc2.com/blog-entry-812.html
http://ameblo.jp/x3tn/entry-12447585501.html
http://photozou.jp/photo/show/3138187/260643151
http://k070802.seesaa.net/article/464663647.html
http://cari.blog.enjoy.jp/b/2019/03/post-ec76.html
http://k1504.blog.bbiq.jp/k/2019/03/post-ec76.html
http://blog.crooz.jp/carirooms/ShowArticle/?no=342
http://cari777.point-b.jp/b/comment.php?ano=295167
http://cari.hatenablog.com/entry/2019/03/17/155902
http://k1404.blogspot.com/2019/03/blog-post_17.html
http://cari777.at.webry.info/201903/article_13.html
http://shinshu.fm/MHz/86.74/archives/0000571894.html
http://g-square.sakura.ne.jp/cari_blog/items/detail/442
http://blog.livedoor.jp/ken060819/archives/52128715.html
http://k070802.cocolog-nifty.com/blog/2019/03/post-ec76.html
http://blog.goo.ne.jp/k090503/e/5c0e412ba03f781f989fc7e953da30cc

新生活♪ どんな街に住んで!どんな暮らしが始まるの?
http://k0709.jugem.jp/?eid=2337
http://blog.kuruten.jp/k09/423923
http://yaplog.jp/k1301/archive/752
http://kblog.tuna.be/22145796.html
http://k130124.exblog.jp/30465056/
http://fanblogs.jp/k10/archive/1554/0
http://kblog10.jimab.net/e1314631.html
http://cari777.hamazo.tv/e8384315.html
http://cari777.ti-da.net/e10991800.html
http://red.ap.teacup.com/k0905/822.html
http://cari777.muragon.com/entry/68.html
http://hp-i.sblo.jp/article/185698244.html
http://kblog.mediacat-blog.jp/e133688.html
http://k0905.blog.so-net.ne.jp/2019-03-12-1
http://0cari.blog.fc2.com/blog-entry-806.html
http://ameblo.jp/x3tn/entry-12446184865.html
http://photozou.jp/photo/show/3138187/260580311
http://k070802.seesaa.net/article/464587176.html
http://cari.blog.enjoy.jp/b/2019/03/post-67af.html
http://k1504.blog.bbiq.jp/k/2019/03/post-67af.html
http://blog.crooz.jp/carirooms/ShowArticle/?no=341
http://cari777.point-b.jp/b/comment.php?ano=294971
http://k1404.blogspot.com/2019/03/blog-post_12.html
http://cari.hatenablog.com/entry/2019/03/12/132243
http://cari777.at.webry.info/201903/article_12.html
http://shinshu.fm/MHz/86.74/archives/0000571463.html
http://g-square.sakura.ne.jp/cari_blog/items/detail/441
http://blog.livedoor.jp/ken060819/archives/52128673.html
http://k070802.cocolog-nifty.com/blog/2019/03/post-67af.html
http://blog.goo.ne.jp/k090503/e/b3c20e9eada7d3b71939dd45bd103bd8

コミュニケーションビジネスとして、人気の有料オンラインサロン
http://k0709.jugem.jp/?eid=2336
http://blog.kuruten.jp/k09/423853
http://yaplog.jp/k1301/archive/751
http://kblog.tuna.be/22145361.html
http://fanblogs.jp/k10/archive/1553/0
http://kblog10.jimab.net/e1314593.html
http://cari777.hamazo.tv/e8378959.html
http://cari777.ti-da.net/e10990253.html
http://red.ap.teacup.com/k0905/821.html
http://cari777.muragon.com/entry/67.html
http://hp-i.sblo.jp/article/185692779.html
http://kblog.mediacat-blog.jp/e133675.html
http://k0905.blog.so-net.ne.jp/2019-03-11-1
http://0cari.blog.fc2.com/blog-entry-804.html
http://ameblo.jp/x3tn/entry-12445943020.html
http://photozou.jp/photo/show/3138187/260569185
http://k070802.seesaa.net/article/464571644.html
http://cari.blog.enjoy.jp/b/2019/03/post-1560.html
http://k1504.blog.bbiq.jp/k/2019/03/post-1560.html
http://blog.crooz.jp/carirooms/ShowArticle/?no=340
http://cari777.point-b.jp/b/comment.php?ano=294930
http://cari.hatenablog.com/entry/2019/03/11/124929
http://k1404.blogspot.com/2019/03/blog-post_11.html
http://cari777.at.webry.info/201903/article_11.html
http://shinshu.fm/MHz/86.74/archives/0000571353.html
http://g-square.sakura.ne.jp/cari_blog/items/detail/440
http://blog.livedoor.jp/ken060819/archives/52128434.html
http://k070802.cocolog-nifty.com/blog/2019/03/post-1560.html
http://blog.goo.ne.jp/k090503/e/a153bdf34c3c40fd8c37e4a7f45fa89c

怪しげなネットビジネスへの誘い、勧誘、アドバイス、なりすまし
http://k0709.jugem.jp/?eid=2335
http://blog.kuruten.jp/k09/423780
http://yaplog.jp/k1301/archive/750
http://kblog.tuna.be/22144887.html
http://fanblogs.jp/k10/archive/1552/0
http://kblog10.jimab.net/e1314566.html
http://cari777.hamazo.tv/e8377751.html
http://cari777.ti-da.net/e10988943.html
http://red.ap.teacup.com/k0905/820.html
http://cari777.muragon.com/entry/66.html
http://hp-i.sblo.jp/article/185686959.html
http://kblog.mediacat-blog.jp/e133658.html
http://k0905.blog.so-net.ne.jp/2019-03-10-1
http://0cari.blog.fc2.com/blog-entry-802.html
http://ameblo.jp/x3tn/entry-12445702296.html
http://photozou.jp/photo/show/3138187/260549733
http://k070802.seesaa.net/article/464553805.html
http://blog.crooz.jp/carirooms/ShowArticle/?no=339
http://cari777.point-b.jp/b/comment.php?ano=294897
http://cari.blog.enjoy.jp/b/2019/03/post-1a66.html
http://k1504.blog.bbiq.jp/k/2019/03/post-1a66.html
http://k1404.blogspot.com/2019/03/blog-post_10.html
http://cari.hatenablog.com/entry/2019/03/10/125410
http://cari777.at.webry.info/201903/article_10.html
http://shinshu.fm/MHz/86.74/archives/0000571229.html
http://g-square.sakura.ne.jp/cari_blog/items/detail/439
http://blog.livedoor.jp/ken060819/archives/52128383.html
http://k070802.cocolog-nifty.com/blog/2019/03/post-1a66.html
http://blog.goo.ne.jp/k090503/e/2c20bb8220a7d0e0f30826ad32fecb06

ダイエットの始め方、初心に戻って始めたい!サプリ、運動、食事
http://k0709.jugem.jp/?eid=2334
http://blog.kuruten.jp/k09/423751
http://yaplog.jp/k1301/archive/749
http://kblog.tuna.be/22144530.html
http://fanblogs.jp/k10/archive/1551/0
http://kblog10.jimab.net/e1314549.html
http://cari777.hamazo.tv/e8376698.html
http://cari777.ti-da.net/e10987958.html
http://red.ap.teacup.com/k0905/819.html
http://cari777.muragon.com/entry/65.html
http://hp-i.sblo.jp/article/185682762.html
http://kblog.mediacat-blog.jp/e133643.html
http://k0905.blog.so-net.ne.jp/2019-03-09-1
http://0cari.blog.fc2.com/blog-entry-800.html
http://ameblo.jp/x3tn/entry-12445506845.html
http://photozou.jp/photo/show/3138187/260536367
http://k070802.seesaa.net/article/464537755.html
http://cari.blog.enjoy.jp/b/2019/03/post-26c8.html
http://k1504.blog.bbiq.jp/k/2019/03/post-26c8.html
http://blog.crooz.jp/carirooms/ShowArticle/?no=338
http://cari777.point-b.jp/b/comment.php?ano=294866
http://k1404.blogspot.com/2019/03/blog-post_9.html
http://cari.hatenablog.com/entry/2019/03/09/160813
http://cari777.at.webry.info/201903/article_9.html
http://shinshu.fm/MHz/86.74/archives/0000571192.html
http://g-square.sakura.ne.jp/cari_blog/items/detail/438
http://blog.livedoor.jp/ken060819/archives/52128324.html
http://k070802.cocolog-nifty.com/blog/2019/03/post-26c8.html
http://blog.goo.ne.jp/k090503/e/67c6125ee09a9952925932d4229ce49b

2018/10/31(11:50)撮影写真 セルテス鳥見外観
http://k0709.jugem.jp/?eid=2333
http://blog.kuruten.jp/k09/423681
http://yaplog.jp/k1301/archive/748
http://kblog.tuna.be/22144096.html
http://fanblogs.jp/k10/archive/1550/0
http://kblog10.jimab.net/e1314510.html
http://cari777.ti-da.net/e10986197.html
http://red.ap.teacup.com/k0905/818.html
http://hp-i.sblo.jp/article/185676168.html
http://kblog.mediacat-blog.jp/e133625.html
http://k0905.blog.so-net.ne.jp/2019-03-08-1
http://0cari.blog.fc2.com/blog-entry-798.html
http://ameblo.jp/x3tn/entry-12445231542.html
http://photozou.jp/photo/show/3138187/260522859
http://k070802.seesaa.net/article/464519543.html
http://blog.crooz.jp/carirooms/ShowArticle/?no=337
http://cari.hatenablog.com/entry/2019/03/08/114040
http://cari777.at.webry.info/201903/article_8.html
http://k1404.blogspot.com/2019/03/201810311150.html
http://shinshu.fm/MHz/86.74/archives/0000571060.html
http://g-square.sakura.ne.jp/cari_blog/items/detail/437
http://cari.blog.enjoy.jp/b/2019/03/201810311150-3f3f.html
http://k1504.blog.bbiq.jp/k/2019/03/201810311150-3f3f.html
http://blog.goo.ne.jp/k090503/e/9330d917940eedb332044787f7b35a44
http://k070802.cocolog-nifty.com/blog/2019/03/201810311150-3f.html

学資保険!最大のメリットは、返戻率が高く貯蓄性に優れている事
http://k0709.jugem.jp/?eid=2332
http://blog.kuruten.jp/k09/423632
http://yaplog.jp/k1301/archive/747
http://kblog.tuna.be/22143890.html
http://fanblogs.jp/k10/archive/1549/0
http://kblog10.jimab.net/e1314491.html
http://cari777.hamazo.tv/e8374547.html
http://cari777.ti-da.net/e10985643.html
http://red.ap.teacup.com/k0905/817.html
http://hp-i.sblo.jp/article/185673746.html
http://kblog.mediacat-blog.jp/e133617.html
http://k0905.blog.so-net.ne.jp/2019-03-07-1
http://0cari.blog.fc2.com/blog-entry-796.html
http://ameblo.jp/x3tn/entry-12445125018.html
http://photozou.jp/photo/show/3138187/260518839
http://k070802.seesaa.net/article/464510873.html
http://k1404.blogspot.com/2019/03/blog-post_7.html
http://cari.blog.enjoy.jp/b/2019/03/post-972d.html
http://k1504.blog.bbiq.jp/k/2019/03/post-972d.html
http://blog.crooz.jp/carirooms/ShowArticle/?no=336
http://cari777.point-b.jp/b/comment.php?ano=294785
http://cari.hatenablog.com/entry/2019/03/07/215912
http://cari777.at.webry.info/201903/article_7.html
http://shinshu.fm/MHz/86.74/archives/0000571030.html
http://g-square.sakura.ne.jp/cari_blog/items/detail/436
http://blog.livedoor.jp/ken060819/archives/52128229.html
http://k070802.cocolog-nifty.com/blog/2019/03/post-972d.html
http://blog.goo.ne.jp/k090503/e/d2f62438baa5ec9b3a1cb23589e0f113

被災地のいまとそこで生きる人々~映画に見る社会⑧『生きる街』
http://k0709.jugem.jp/?eid=2331
http://blog.kuruten.jp/k09/423486
http://yaplog.jp/k1301/archive/746
http://kblog.tuna.be/22143331.html
http://fanblogs.jp/k10/archive/1548/0
http://kblog10.jimab.net/e1314440.html
http://cari777.hamazo.tv/e8374112.html
http://cari777.ti-da.net/e10983220.html
http://red.ap.teacup.com/k0905/816.html
http://cari777.muragon.com/entry/64.html
http://hp-i.sblo.jp/article/185664966.html
http://kblog.mediacat-blog.jp/e133594.html
http://k0905.blog.so-net.ne.jp/2019-03-06-1
http://0cari.blog.fc2.com/blog-entry-794.html
http://ameblo.jp/x3tn/entry-12444762909.html
http://k1404.blogspot.com/2019/03/blog-post.html
http://k070802.seesaa.net/article/464488232.html
http://cari.blog.enjoy.jp/b/2019/03/post-6f45.html
http://k1504.blog.bbiq.jp/k/2019/03/post-6f45.html
http://blog.crooz.jp/carirooms/ShowArticle/?no=335
http://cari777.point-b.jp/b/comment.php?ano=294731
http://cari.hatenablog.com/entry/2019/03/06/112456
http://cari777.at.webry.info/201903/article_6.html
http://shinshu.fm/MHz/86.74/archives/0000570727.html
http://g-square.sakura.ne.jp/cari_blog/items/detail/435
http://blog.livedoor.jp/ken060819/archives/52128200.html
http://k070802.cocolog-nifty.com/blog/2019/03/post-6f45.html
http://blog.goo.ne.jp/k090503/e/beeb7c2c742e38e0cd883dfa7482d8ab

すき屋迷惑行為事件、飲食店コンプライアンスと拡散されるSNS
http://k0709.jugem.jp/?eid=2330
http://blog.kuruten.jp/k09/423322
http://yaplog.jp/k1301/archive/745
http://kblog.tuna.be/22142287.html
http://fanblogs.jp/k10/archive/1547/0
http://kblog10.jimab.net/e1314345.html
http://cari777.hamazo.tv/e8372297.html
http://cari777.ti-da.net/e10979473.html
http://red.ap.teacup.com/k0905/815.html
http://cari777.muragon.com/entry/63.html
http://hp-i.sblo.jp/article/185651793.html
http://kblog.mediacat-blog.jp/e133547.html
http://k1404.blogspot.com/2019/03/sns.html
http://k0905.blog.so-net.ne.jp/2019-03-03-1
http://0cari.blog.fc2.com/blog-entry-790.html
http://ameblo.jp/x3tn/entry-12444136546.html
http://photozou.jp/photo/show/3138187/260467825
http://k070802.seesaa.net/article/464445571.html
http://cari.blog.enjoy.jp/b/2019/03/sns-fe6d.html
http://k1504.blog.bbiq.jp/k/2019/03/sns-fe6d.html
http://blog.crooz.jp/carirooms/ShowArticle/?no=334
http://cari777.point-b.jp/b/comment.php?ano=294619
http://cari.hatenablog.com/entry/2019/03/03/180923
http://cari777.at.webry.info/201903/article_5.html
http://shinshu.fm/MHz/86.74/archives/0000570489.html
http://g-square.sakura.ne.jp/cari_blog/items/detail/434
http://blog.livedoor.jp/ken060819/archives/52128125.html
http://k070802.cocolog-nifty.com/blog/2019/03/sns-fe6d.html
http://blog.goo.ne.jp/k090503/e/f5c6111ea3ed70887c9cde353468c9dc

2019年2月分 現行単独親権制批判 by cari.jp
http://k0709.jugem.jp/?eid=2329
http://blog.kuruten.jp/k09/423275
http://yaplog.jp/k1301/archive/744
http://kblog.tuna.be/22141970.html
http://fanblogs.jp/k10/archive/1546/0
http://kblog10.jimab.net/e1314328.html
http://cari777.hamazo.tv/e8369246.html
http://cari777.ti-da.net/e10978481.html
http://red.ap.teacup.com/k0905/814.html
http://cari777.muragon.com/entry/62.html
http://hp-i.sblo.jp/article/185648105.html
http://kblog.mediacat-blog.jp/e133531.html
http://k0905.blog.so-net.ne.jp/2019-03-02-4
http://0cari.blog.fc2.com/blog-entry-788.html
http://ameblo.jp/x3tn/entry-12443953924.html
http://k070802.seesaa.net/article/464433959.html
http://blog.crooz.jp/carirooms/ShowArticle/?no=333
http://cari777.point-b.jp/b/comment.php?ano=294592
http://cari.hatenablog.com/entry/2019/03/02/221054
http://cari777.at.webry.info/201903/article_4.html
http://shinshu.fm/MHz/86.74/archives/0000570466.html
http://k1404.blogspot.com/2019/03/20192bycarijp_2.html
http://g-square.sakura.ne.jp/cari_blog/items/detail/433
http://blog.livedoor.jp/ken060819/archives/52127999.html
http://cari.blog.enjoy.jp/b/2019/03/20192bycarijp-f443.html
http://k1504.blog.bbiq.jp/k/2019/03/20192bycarijp-f443.html
http://blog.goo.ne.jp/k090503/e/207c62db9890abbfa2becd620d13b10a
http://k070802.cocolog-nifty.com/blog/2019/03/20192bycarijp-f.html

2019年2月分 鈴木社長の備忘・日記 by cari.jp
http://k0709.jugem.jp/?eid=2328
http://blog.kuruten.jp/k09/423273
http://yaplog.jp/k1301/archive/743
http://kblog.tuna.be/22141947.html
http://fanblogs.jp/k10/archive/1545/0
http://kblog10.jimab.net/e1314325.html
http://cari777.hamazo.tv/e8368825.html
http://cari777.ti-da.net/e10978425.html
http://red.ap.teacup.com/k0905/813.html
http://hp-i.sblo.jp/article/185647885.html
http://kblog.mediacat-blog.jp/e133530.html
http://k0905.blog.so-net.ne.jp/2019-03-02-3
http://0cari.blog.fc2.com/blog-entry-787.html
http://ameblo.jp/x3tn/entry-12443939814.html
http://k070802.seesaa.net/article/464433405.html
http://cari777.point-b.jp/b/comment.php?ano=294591
http://cari.hatenablog.com/entry/2019/03/02/211656
http://cari777.at.webry.info/201903/article_3.html
http://shinshu.fm/MHz/86.74/archives/0000570464.html
http://k1404.blogspot.com/2019/03/20192bycarijp.html
http://g-square.sakura.ne.jp/cari_blog/items/detail/432
http://blog.livedoor.jp/ken060819/archives/52127974.html
http://cari.blog.enjoy.jp/b/2019/03/20192bycarijp-c403.html
http://k1504.blog.bbiq.jp/k/2019/03/20192bycarijp-c403.html
http://blog.goo.ne.jp/k090503/e/698e3c3000f36ba823dcc5c421ac292a
http://k070802.cocolog-nifty.com/blog/2019/03/20192bycarijp-c.html

2019年2月投稿分 広報・プレスリリース情報(記事等)
http://k0709.jugem.jp/?eid=2327
http://blog.kuruten.jp/k09/423272
http://yaplog.jp/k1301/archive/742
http://kblog.tuna.be/22141722.html
http://fanblogs.jp/k10/archive/1544/0
http://kblog10.jimab.net/e1314321.html
http://cari777.hamazo.tv/e8368761.html
http://cari777.ti-da.net/e10978124.html
http://red.ap.teacup.com/k0905/812.html
http://hp-i.sblo.jp/article/185647010.html
http://kblog.mediacat-blog.jp/e133524.html
http://k0905.blog.so-net.ne.jp/2019-03-02-2
http://k1404.blogspot.com/2019/03/20192.html
http://0cari.blog.fc2.com/blog-entry-786.html
http://k070802.seesaa.net/article/464430480.html
http://blog.crooz.jp/carirooms/ShowArticle/?no=332
http://cari777.point-b.jp/b/comment.php?ano=294582
http://cari.blog.enjoy.jp/b/2019/03/20192-4909.html
http://k1504.blog.bbiq.jp/k/2019/03/20192-4909.html
http://cari.hatenablog.com/entry/2019/03/02/165827
http://cari777.at.webry.info/201903/article_2.html
http://shinshu.fm/MHz/86.74/archives/0000570457.html
http://g-square.sakura.ne.jp/cari_blog/items/detail/431
http://blog.livedoor.jp/ken060819/archives/52127971.html
http://k070802.cocolog-nifty.com/blog/2019/03/20192-4909.html

2019年2月分 共同親権 単独親権 by cari.jp
http://k0709.jugem.jp/?eid=2326
http://blog.kuruten.jp/k09/423267
http://yaplog.jp/k1301/archive/741
http://kblog.tuna.be/22141609.html
http://fanblogs.jp/k10/archive/1543/0
http://kblog10.jimab.net/e1314319.html
http://cari777.hamazo.tv/e8368498.html
http://cari777.ti-da.net/e10977835.html
http://red.ap.teacup.com/k0905/811.html
http://hp-i.sblo.jp/article/185646208.html
http://kblog.mediacat-blog.jp/e133517.html
http://k0905.blog.so-net.ne.jp/2019-03-02-1
http://0cari.blog.fc2.com/blog-entry-785.html
http://ameblo.jp/x3tn/entry-12443843213.html
http://k070802.seesaa.net/article/464428008.html
http://blog.crooz.jp/carirooms/ShowArticle/?no=331
http://cari777.point-b.jp/b/comment.php?ano=294578
http://cari.hatenablog.com/entry/2019/03/02/130919
http://cari777.at.webry.info/201903/article_1.html
http://shinshu.fm/MHz/86.74/archives/0000570454.html
http://k1404.blogspot.com/2019/03/20192-by-carijp.html
http://g-square.sakura.ne.jp/cari_blog/items/detail/430
http://blog.livedoor.jp/ken060819/archives/52127966.html
http://cari.blog.enjoy.jp/b/2019/03/20192-by-carijp-52ae.html
http://k1504.blog.bbiq.jp/k/2019/03/20192-by-carijp-52ae.html
http://blog.goo.ne.jp/k090503/e/b7707e0275f1e9eb85d71bf790aae006
http://k070802.cocolog-nifty.com/blog/2019/03/20192-by-carijp.html

かりるーむ株式会社(cariroom)
TEL090-8487-4851(鈴木)
TOP http://cari.jp/
空室一覧 http://cari.jp/room/
記事一覧 http://cari.blog.enjoy.jp/
検索ランキング http://hp1.boy.jp/counter/

  
Posted by cari.jp at 17:12