2019年12月11日

クリスマスシーズンはゴッドファーザー3部作を cari.jp

【おすすめ映画】 ゴッドファーザー

マフィアは敬虔なカトリック信者
3部作を合わせると9時間越えの超大作


マフィア映画の最高傑作と言われ
記憶に残る名シーンも数多くあります。
そして、クリスマスシーンやカトリック系の話しが
随所に盛り込まれています。
なので、クリスマスシーズンになるとこの作品を見てしまいます。
そんなゴッドファーザー3部作をご紹介します。



ゴッドファーザー(原題 God Father アメリカ)


PART Ⅰ 1972年
PART Ⅱ 1974年
PART Ⅲ 1990年


あらすじ
イタリアのシチリア移民としてアメリカへやってきた
ヴィトー・コルレオーネ(ドン・ヴィトー)
アメリカ、ニューヨークの地で
イタリア系アメリカ人のマフィアとして上り詰めて行きます。
そんな、コルレオーネファミリーを描いた3部作です。

原作者のマリオ・プーゾは
イタリア系アメリカ人の小説家です。

監督のフランシス・フォード・コッポラも
イタリア系アメリカ人の監督です。

主演のアル・パチーノも
イタリア系アメリカ人の俳優です。


ゴッドファーザー PART Ⅰ

舞台は戦後の1945年~
ニューヨーク
5大マフィアにまで上り詰めたドン・ヴィトーは
クリスマスシーズンに
敵対するマフィアから襲撃されてしまいます。
そんな中、恋人と帰省する三男マイケル
そして、マイケルの運命は大きく動きだす事に・・・
ちなみに、マイケルと恋人が見ていた映画は
『聖メリーの鐘』(1945年アメリカ )でした。


ゴッドファーザー PART Ⅱ

二つの時代を交互に描きます。
舞台は、1901年~
イタリア シチリア島、コルレオーネ村
ドン・ヴィトーの少年時代と
ニューヨークで、マフィアに上り詰めて行く過程が描かれています。
もう一方の舞台は、1958年~
アメリカ ネバダ州、レイク・タホ
世代は交代し、マフィアのドンとなった三男マイケルの
手腕と苦悩が描かれています。
妹の息子の洗礼式のシーンが印象的でした。
ちなみに、カトリックでは、洗礼式の名付け親をゴッドファーザーと呼びます。



ゴッドファーザー PART Ⅲ

舞台は、1979年~
ニューヨーク
イタリアの銀行家とバチカンそしてマフィアとの関係が
実際に起きた事件をモチーフに描かれています。
また、ドン・マイケルの息子がオペラ歌手となり
シチリアに実存する『マッシモ劇場』で
カヴァレリア・ルスティカーナを披露する事に
そして、その劇場で悲劇が起こります。


ゴットファーザー  まとめ

3部作、それぞれ魅力的な作品ですが
私は、 PART Ⅱ が好みなので、
PART Ⅱ から見て
一気に9時間見ています。
そしてこの作品では
フランシス・フォード・コッポラ監督の家族が
こぞって出演しています。
妹、娘、両親、孫
そして制作過程では甥
ある意味、この事も
もう1つのファミリー(家族)の姿です。

--

written by tenten616(CW)

かりるーむ株式会社(cariroom)
TOP http://cari.jp/
社長紹介 http://cari.jp/pr/
空室一覧 http://cari.jp/room/
記事一覧 http://cari.blog.enjoy.jp/
検索ranking http://hp1.boy.jp/counter/
社長twitter http://twitter.com/k110408/


Posted by cari.jp at 14:23