2018年11月02日

ユーザー数1000万人以上の“フリマアプリ”マザーズへ上場

ダウンロード数は7000万越え 国内発のユニコーン企業だったメルカリ


即決、簡単決済、らくらく配送
ユーザーの心をがっちり掴んでいるマーケティング

設立5年で上場を果たし、本社は森ビルタワー
CEOは、元楽天オークションに携わった人物です

今や、楽天オークションは廃止され
ヤフーオークションのユーザーは激減し
勢いに乗っているメルカリです

そんなメルカリをまとめてみました


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


◆ メルカリの売れ筋商品

100万点以上が常に出品され
あらゆる物が売りに出され、値が付けられています

メルカリ市場は、消費動向の指針と言っても過言ではありません
消費者の欲しい商品、消費者の価値観がはっきりと見える市場です

◎メルカリの売れ筋商品とは◎

1位 女性のファッション関連

服、アクセサリー、靴、バック、小物、化粧品
特にブランド品は売れ筋で高値で取引きされています

Louis Vuitton 、GUCCI 、PRADA HERMES 、COACH 、CHANEL

2位 エンタメ・ホビー関連

ゲーム(3D)、雑誌/本、玩具、トレーディングカード、CD/DVD
特に学生や若い方に人気のカテゴリーとなっています

第3位:ベビー・キッズ関連

USED品であっても、どんどん売れるようです
特にキッズブランドは人気となっています

◆ メルカリの特徴

フリマ形式 (金額固定)

送料は出品者が負担(通常)

月額手数料はかかりません(0円)

販売手数料(10%)振込手数料 (210円)

画像の撮影、添付もメルカリのシステムツールから行えます

配送方法も4つの方法が選べますが
特にこの2つの方法は使い勝手の良い配送サービスとなっています

らくらくメルカリ便(クロネコヤマト)
ゆうゆうメルカリ便(郵便局)


◆ メルカリユーザ

今や、メルカリユーザーは1000万人を超えています

特に主婦の方、若い方を中心に
断捨離感覚で不用品を出品しているようです

それは、ちょっとしたお小遣い稼ぎだったり
売り買いが楽しめるゲーム感覚だったりと

簡単な操作でスマホからスムーズに行えるのが人気のようです


◆ まとめ

2013年7月にAndroid版、iPhone版のアプリが配信開始されました
2013年には1万点以上(1日の出品数)
2015年には10万点以上(1日の出品数)

そして現在は100万点以上の出品数となっています

そんなメルカリは日本およびアメリカの市場でもサービスを提供しています
スマホの普及とリンクして手軽なアプリは今や“神アプリ”となっています


【公式】メルカリ

http://www.mercari.com/jp/

--

written by tenten616(CW)

かりるーむ株式会社(cariroom)
TEL090-8487-4851(鈴木)
TOP http://cari.jp/
空室一覧 http://cari.jp/room/
記事一覧 http://cari.blog.enjoy.jp/
検索ランキング http://hp1.boy.jp/counter/

  
Posted by cari.jp at 13:33

2018年10月30日

秋の結婚式 基本のドレスコードで華やかに出席しましょ♪

結婚式でのドレスとアイテム お呼ばれコーデはフォーマルな準礼装で・・・


秋は、結婚式のシーズンです
何かとお呼ばれの機会に恵まれます

招待状には「平服で」と書かれている事が多いのですが
基本は、フォーマルなコーディネートとなります

主役の新郎、新婦のご結婚を心から祝福できる
そんなフォーマルな場に相応しい
大人のドレスコードを心がけ出席したいと思い

結婚式でのファッションをまとめてみました


*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*


◇ 基本は準礼装

秋らしいカラーのブラウン、マスタード、ネイビー
ワインレッド,ダークグリーンなどが好まれます

長袖、七分袖のきれいめワンピース ボレロやショールはokです
長さは膝下 素材はベロア、シルク、サテン

ストッキングのお色は、ベージュ系のナチュラル色
靴はパンプス、ヒールは3~5cm以内

ヘアースタイルの基本はアップスタイル

アイテムは、パーティーバッグ、イブニングバッグ、クラッチバッグ
バックの中身は最小限で、ご祝儀袋&袱紗(ふくさ)•小さめのお財布
携帯電話(スマホ)ハンカチ、ティッシュ・・・


◇ NGコーデ

基本、白は新婦色でNGです

黒は、礼服ですが、一見喪服をイメージしがちとなります

NGデザインは、肌の露出が多い、豹柄(アニマルデザイン)
刺繍入り、奇抜なスリットが入っているドレス、膝上5cm以上のミニドレス

黒タイツ、網タイツ、カラータイツ、素足
サンダル、ミュール、ヒールの高さが5cm以上

動物皮革素材、ファー(本物)、フェイクファー 毛皮

お化粧でNGなのは、真っ赤な口紅、濃いアイライナー、アイライン
髪型でNGなのは、大胆なウィッグ、つけ毛、奇抜なヘアアレンジ

新婦がヘアーアクセサリーを付けるのでゲストが付けるのは基本NGです
時計、揺れるピアス、イヤリング、ゴールド、ダイヤ、大きめなアクセサリー

派手すぎるカラフルなネイルも場違いとなります


◇ まとめ

秋らしい落ち着いた雰囲気のドレスコードが結婚式には好まれるようです

大人の女性として準礼装をマスターして
会場の雰囲気を壊さない、周りの人々を不快にさせない
何よりも、新郎新婦に恥を欠かせない事が大切だと感じます

また、このようなドレスコードができると謝恩会
ちょっとしたパーティにも活用できますね

そして、おしゃれ上級者として知的な女性に見える事でしょう

秋には秋の春には春のファッションが楽しめる日本
一年を通じて四季がはっきりしていて
四季に応じたファッションを選べる事

女性にとっては心弾む時間だと思います^^

--

written by tenten616(CW)

かりるーむ株式会社(cariroom)
TEL090-8487-4851(鈴木)
TOP http://cari.jp/
空室一覧 http://cari.jp/room/
記事一覧 http://cari.blog.enjoy.jp/
検索ランキング http://hp1.boy.jp/counter/

  
Posted by cari.jp at 20:59

2018年08月17日

動物実験は本当に全て必要なのか?日常で私達にできることとは

よくマウスを使った医学の実験などが行われ、このような結果が得られた・・というようなニュースを耳にすることがあります。

医学の進歩というのは確かに素晴らしいことですが、小動物等に行われている実験内容を聞くと、やはりかわいそうな気持ちになります。

また、動物実験というのは、病気を治癒するために医学が進歩するためだけではなく、私達の様々な日用品の安全性を確かめるためにも行われているのです。

安全性を確かめることも私達の生活においては確かに必要です。しかしそれが本当に間違いなく必要不可欠なことなのか?
世界中からいろいろな製品を購入できるようになった今の時代では知っておく必要や、購入者にも責任があるでしょう。


大手メーカーも行う安全性のための動物実験

これは筆者もそうだったのですが、こんな製品まで動物実験が行われていたのか、という物が日用品の中にはあります。
例えば代表的なのが化粧品や日焼け止めデオドラント製品、消臭製品などです。
動物実験では例えば化粧品の安全を確かめるために毛を剃った動物の皮膚にクリームを塗ったり、デオドラント製品を皮膚にかけたりするそうです。
皮膚が敏感な動物ではひどい皮膚炎やアレルギーを発症してしまうこともあるということです。
他にも文房具では接着剤の粘着力を確かめるために動物を使ったり、シャンプーであれば動物にかけたり、口内用の薬用歯磨きを飲ませる、家具用の艶だしスプレーを噴射して目にかけるなど、いくら安全性を確かめる実験とはいえ、もはや動物虐待の域で完全に度を超した実験もあります。
目薬の実験などでは痛みを確かめるためにウサギなどが使用され、ひどい苦痛のために暴れ、そのために首が折れて死んでしまったということもあるそうです。

いくら安全性を確かめるためとはいえ、消臭スプレーを目にかける、口内歯磨きを飲むなど、実際に動物実験をしなければ確かめられないことなのか疑問が残ります。
家具の艶だしスプレーなども、実際に目にかけなければ危険性は分からないものなのでしょうか。

更に、動物実験が他の検証法に引けを取らない方法なのかというとそうでもないようです。
例えばUVケアなどの日焼け止め用品では、人の皮膚細胞の培養した物を用いた方が高い効果を得ることが分かっているそうです。

しかも、本当に安全性を確かめられるかという悩みを持って全ての企業が動物実験を行っているわけではなく、確証は得られないが顧客に対する説得力ということのみで虐待に近い実験をしている企業もあるようです。
よく知られる有名な製品を販売する大企業の中には、「しないよりはした方がマシである」という主張をしているところまであるのです。

安価だからといって必要のないものまで買わない

最近では非常に安い製品がたくさん販売されていて、お得に物が買えてとても助かります。
しかし、安いのでつい必要のない物まで買って捨ててしまうことが自分も含めてある気がします。
そして結局使わないまま放置して、ダメにして捨ててしまう・・このような影に動物のひどい苦痛や犠牲があるということを考えると安いからと大量に製品を買い、無駄にするということはできなくなります。
結局は使用しない一つの日用品や化粧品の影に動物の苦しみがあるのかもしれないのです。

また、いくら母体が大きく製品がよいといっても、しないよりした方がマシというような曖昧な理由で動物実験を行う所からは商品は購入するのは控えたいものです。

日本では大手企業のヤクルトが、日本での食品と化粧品の分野で動物実験を全面的に廃止したそうです。このようなニュースはとても嬉しいものです。

今の時代は、動物実験も含め、様々なことを知ることができるようになりました。
それは別の言い方をすると知っているのにしない責任も生じることであると感じました。

自分にできる範囲からではありますが、このような生き物に痛みを与えるしくみを変化させていければよいのではないかと思います。

参考サイト
http://karapaia.com/archives/52234509.html
http://www.arcj.org/animals/animaltesting/00/id=1267
http://vegan-kosodate.jp/column/animalexperimentation

--

安全性には動物実験が不可欠? 大量消費を考えることで減らす犠牲 by スペクトル(CW)

動物保護(新しい順記事一覧)
http://k070802.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%93%AE%95%A8%95%DB%8C%EC

かりるーむ株式会社(cariroom)
TEL090-8487-4851(鈴木)
TOP http://cari.jp/
空室一覧 http://cari.jp/room/
記事ランキング http://cari.blog.enjoy.jp/
検索ランキング http://hp1.boy.jp/counter/
記事ライター募集 http://cari.jp/wk/data/writer/

  
Posted by cari.jp at 21:29

2018年08月03日

なぜ働くのか?という意識の薄さから生まれる弊害と生き物の犠牲

生き物の販売という感覚が微塵もない業者 簡単になんでも売れる社会の怖さ


なんでも売れればいい、きちんとした商品を売るという意識が希薄なマーケット

最近ではyoutubeやメルカリなどだれでも動画に広告を張りつけることで収入を得たり、商品を手軽に出品し、ちょっとした金銭を稼ぐことが可能になった。
これは一見とてもよいことのように思えるし、メリットもたくさんあるが、その反面デメリットも含んでいる。
例えば、メルカリでは、法に触れなければ明らかにおかしいなと常識的に思われるようなものでも販売できる。
例としては大学生の出席カードや、開封済の化粧品などである。
確かにこれらはちょっと一般的には?とは思えても、出品者からすれば法律的に問題もないし、欲しいという人がいるんだからいいじゃんという風になるのである。
でもやはり自分の大学で使用している出席カードをなんの目的で使われるか分からないのに販売したり、購入者がよいと言っていたとしても一度使った化粧品を他人に売るというのは感覚的に違和感がないのだろうかという風に思える。
これは動画サイトでも同様であり、広告収入を得るためには、コンビニのクーラーのボックスに入る、売り物の焼き鳥を指で触るなどの明らかに常識はずれの映像でも収入が得られれば掲載してしまうのである。
また、このようなお小遣い稼ぎのマーケットはまだしも、大手のネット販売者においても法には触れていなくてもそれはどうなのかという物まで販売しているのである。
その一つが以下の内容である。

大手企業は生き物をネットで売る

以前、大手インターネット販売のYahooには、法律で禁止されているにも関わらず、マウスやヤモリの生餌をネットのやり取りのみで販売している業者が存在し、動物愛護団体から非難を受けた。
現在では法律に触れるような動物は売られていないが、現在でも餌用の魚、昆虫、ザリガニなどの生物の販売は行われている。
ちなみにこのようなネットでの生餌の販売は、他の大手のアマゾンや楽天でも全面禁止になっていない。
生餌は今では変わりとなるフードも増えているし、なにより残酷なので減らしていこうという風潮がある。
それにネットでは動物の飼育環境なども確認しづらく、輸送などにおいても生物に多大なストレスと苦痛を与えてしまう。
それでもこれほどの大手企業が生物のネットのみでの販売を全面禁止にしないのは、やはりかなりの利益になっているからだろうか。

このように需要があるなら生き物でも何でも売る、社会的道徳的には?でも法律ぎりぎりであればそれでいいという風潮は、得られる金銭が小規模でも大規模でも蔓延しているのである。

参考
http://www.java-animal.org/topics/2016/10/01/3654/


職業意識が希薄であるということは怖い

これは爬虫類の販売が大規模に行われるフェアで実際にあったことらしいが、ある業者はヤモリなどの爬虫類をほぼ身動きできないお惣菜を入れるような小さな容器に入れて販売しているそうである。
そこで売られている爬虫類はみなそこから出ようと苦しんでいるように見え、中にはすでに動かなくなってしまった個体もいるという。
顧客がそのことを問うと、業者は何事もなかったように「あ、死んでますね」と言い、容器を引っ込めただけだったそうである。
この業者に直接会ったわけではないからなんとも言えないところもあるが、この発言と行為を見る限りではそこにきちんと生き物を販売しようとか、爬虫類に対しての愛情があってこの仕事をしている風には思えない。そこには職業に対する責任感や誠実さなどの職業意識は少なく、金銭のみがあるのである。

参考
http://www.arcj.org/animals/companionanimals/00/id=990


金銭を得るということは生きていくことであるから、それ自体を求めるのは全く悪いことではない、しかし、例として医者や先生などは人を助けたり、教えたりしたいという思いから生まれた職業だったりする。
つまり職業意識はある意味で人間のモラルとか誠実さに大きく関わっていると思うのである。最近ではなんでも買え、売れ、副業的なものも後押しされる風潮ではあるが、それがこういう希薄な意識のまま、お金を得ることが主流になっていくのは非常に恐ろしい気もする。
生計を立てている職業と、お小遣い感覚でしていることでは責任の重さは違うかもしれないが、やはり大なり少なり社会的な質の低下に繋がっている気がする。


参考
http://www.arcj.org/animals/companionanimals/00/id=990

--

written by スペクトル(CW)

かりるーむ株式会社(cariroom)
TOP http://cari.jp/
空室一覧 http://cari.jp/room/
記事ランキング http://cari.blog.enjoy.jp/
検索ランキング http://hp1.boy.jp/counter/
記事ライター募集 http://cari.jp/wk/data/writer/
TEL090-8487-4851(鈴木)

  
Posted by cari.jp at 13:23